「トノに降る雨」 4月13日(金)~22日(日) 三軒茶屋・シアタートラム


by vaudeville-show
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

感動・・。

指揮者のスティーブン・シャレットさんと、セントラル愛知交響楽団の山本さんと、ピアノの岩田さん、そして、幸田町民会館の薮田さん、金澤さん、稲沢市民会館の浅野さんが、劇団の稽古場にいらして、メンバーと初の合同稽古。

オーケストラの曲の部分を、ピアノの岩田さんに弾いてもらって、役者が演技をします。

稽古といっても、今日は、曲の入り方とか、作品の流れを頭からみんなで確認するといった感じ。

f0042008_13513036.jpg


生のピアノ伴奏で、コントを。コント中にたくさんの曲が入ります。

第一部では、指揮者のシャレットさんが山口と一緒に、楽しい音楽の世界へとご案内します。色々な曲が演奏されていきますから、ぜひ楽しみにしていてくださいね♪

f0042008_1352838.jpg


「この曲は、長さはどれくらい必要ですか?」とセントラルの山本さん。山本さんが、今回の編曲をやってくださっています。

f0042008_13523147.jpg


「役者がこう動いて、舞台に出てくるまでくらいですかね・・。ちょっと動いてみますね。」と、たかはし。今回構成と演出は、たかはしが担当しています。

「なるほどなるほど、わかりました。じゃあ、ワンフレーズにしましょう。」

といった感じで、イメージがどんどん形になっていきます。

f0042008_13531681.jpg




役者の演技のタイミングを見ながら指揮をするシャレットさん、指揮を見てピアノ演奏する岩田さん、演奏を聞きながら演技する役者。

f0042008_1354139.jpg



f0042008_1354393.jpg




演技が終わったあと、「ちょっと感動・・。」と山口。

見ている方も感動です、ピアノでこれだけかっこいいのですから、これがオーケストラが入るったら、もう、こりゃ、本当に素晴らしいステージになること間違いなし!!

音楽にのせてコントをするなんて、なんとも贅沢。くだらな~いコントが一気にゴージャスなコントになりました。

頭から最後まで稽古をして、その後は、当日パンフレットのことや、劇場入りしてからのスケジュールのことなどを会館の方とちょこっと打ち合わせ。

f0042008_13555013.jpg


右側から、幸田町民会館の薮田さん、稲沢市民会館の浅野さん、幸田町民会館の金澤さんです。
私達が会館にお伺いするときは、皆さんいつもスーツなので、スーツ姿でないのが新鮮です。皆さん、私服も素敵ですね♪浅野さんも薮田さんもいい笑顔だ(笑)。あの・・金澤さんが何か言ってますよ。おちゃめな皆さんなのでした♪


今日の高田馬場での稽古は終了。

f0042008_13564115.jpg


終了後、いきなりピアノを弾きだすフジワラ。

「・・対抗しているのか?」と山口。

「・・・嫉妬?」と照明の宮野さん。

「いやいやいや、ピアノかっこいいな~。と思って~。」とフジワラ。
弾きたくなってしまったらしい。うん。気持ちはわかるが・・・。
[PR]
by vaudeville-show | 2009-11-13 13:56 | Show劇的コンサート